最近のトラックバック

« 元女子大生SWEETSの会 | トップページ | 朝陽が目にしみる〜 »

静かな感動。心がぽかぽか。

久々に好きな本に出会いました。

二冊あり。

どちらも、割と最近、映画化されました。
どちらも、映画は観ていなくて、本だけ読みました。

一冊目
「食堂かたつむり」

柴崎コウが主演したようです。
テレビでチラリと紹介しているところを、家事しながら横目でちら見して通り過ぎた、という、映画化された以外、何も知らない状態。
カモメ食堂(映画)が妙に好きだったから、こちらも好きかな、なんてくらいのつもりで読みました。

しょっぱなから、話が不思議すぎちゃって(インド人の恋人が全財産持ち逃げしちゃうところから始まるの!なんじゃこりゃ?じゃない?)、でも料理のことがいろいろ出てくるのだけど、見たことも食べたこともないその料理に、物凄く想像がわいてくる。
はじめっから、私には料理だけは鮮明で、はじめはそれが魅力で読み進めていくうちに、ストーリーにどんどん引き込まれていって。
最後は涙が止まりませんでした。

本の中に出てくる料理の数々はどれも独創的だけどシンプルで魅力的。頭の中で想像するだけで、体や心が元気になれる気がしました。その人のためだけに作るなんて、素敵すぎる!


二冊目は「西の魔女が死んだ」
一時期話題になりましたよね。こちらも映画の情報は全く無くて、魔女役は勝手に夏木マリだと思いこんでいた(笑)

とにかく、魔女、こと、おばあちゃん(外国人なの。ステキなおばあちゃん。)が素晴らしい!大好きだった私のおばあちゃん(日本人)と重ねながら読み進めていったら、いつの間にか幼い私に戻った感じがしました。忘れかけていた心、大切な何かを思い出させてくれる、素敵な作品で、最後には涙。心があたたかくなりました。

次はどんな作品に出会えるかな?

« 元女子大生SWEETSの会 | トップページ | 朝陽が目にしみる〜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 元女子大生SWEETSの会 | トップページ | 朝陽が目にしみる〜 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ