最近のトラックバック

« アメリカの田舎モン? | トップページ | voivoi »

熱い思い

世の中狭いなあ、ってこと、時々ありますよね。

たとえば。同じマンションに済むNさんのお友達で、同じ幼稚園に通うのでよろしくね、と紹介されたYumiちゃんのご実家が同じマンションの、我が家の真上で(階数はもっと上だけど)、しかもよくよく聞いてみるとYumiちゃんは私の中高部のセンパイで、しかも私の2つ上の代の部活のセンパイと職場の元同僚で、3つ上の代のセンパイととっても仲が良くて、5年の時のクラス主任も同じで、という具然に偶然が重なって知った狭い世界。

とても魅力的なYumiちゃんですが、更に同じ環境で育ったこともわかって、ますます親近感を持っています。

んで。
中高に遊びにいこうよっ、というお誘い。
あら〜〜〜私が行っても、守衛さんに留められないかしら〜〜なんて不安も残しつつ、いっちゃいました。
コテツたちも本当は連れて行きたかったのだけど、おおはしゃぎで収集つかなくなりそうだったので、弟くんたちだけを連れて行きました。

P1060830


P1060831


P1060833


P1060834


P1060835


P1060836


P1060837


見るものすべてが懐かしい。
だって、10年通ったんだよ。
いろんな思い出が詰まっている道。
卒業してからいろんな事が変わって、いろんな事がそのまま残されて、なんだか少し複雑な気持ちにもなったけど。

藤棚。朋友班のとき、ここに集合したなーとか。
七人の小人。動いている気配無くない??とか。
ここで制服の採寸したよね、とか。


地下の体操室へ向かう階段。
数段降りるとあの懐かしいにおい。
まぎれもなく、わが剣道部の部室のにおいです(><)
くちゃいんだけど、でも、それが妙に懐かしくて、それだけで涙が出そうになりました。
「メーーーーン」聞こえてくる太鼓の音と竹刀が交わる音、防具がぶつかる音。

「タレ」の名前が知らない名字ばかりなことをのぞけば、もう、そこは私たちがいた頃のままでした。

最後は気がつくと「ナイス面っ」「ファイトっ」と自然と声がでていたりして。


チビテツも膝の上で「めーーん」と、まねしていました。


あんまり強いセンパイではなかったのだけど、合宿前に伝えたい事は言えたかな。

その後、新しい体育館にいって、たまげました。
立派な室内プールやら、どでかい体育館もあるのよ。とってもきれいだし。

今度はコテツにも見せてあげたいな。P1060838


« アメリカの田舎モン? | トップページ | voivoi »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカの田舎モン? | トップページ | voivoi »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ