最近のトラックバック

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

ボクかわいい?

コテツにいただいたお祝いについていたリボンをつけてもらった一鉄さん。
ぐふぐふぐ。
ボク、かわいい??

Dsc_0726 Dsc_0729

プレイマット

パパの会社の方々からいただきました★

プレイマットです。

ぶら下がっているオモチャを触ると音が鳴ったりします。
ここに転がしておくと暫く一人で遊べる、っていうものです。

それはいい!一人で遊べるようになったら随分家事に手がまわるようになるね。

この写真、一見遊んでいる風ですが、ヤラセです。まだ、全く遊んじゃいません。
いつ遊べるようになるかな~~

その前に、一鉄さんの餌食になりそうで怖いわ~

Dsc_0679 Dsc_0685

くまちゃんを連れてオデカケ♪

IdatenさんとIzking mamaご夫妻に戴きました!

この帽子の色合い、とっても好きだわ~~★
はじめね、ラッピングしてある帽子のサイズをみて、「!!コテツにぴったり!!」って思ったの。コテツ、小さすぎて新生児用の帽子がぶかぶか。靴下も手袋もぶかぶか。
で、こんなにぴったりなサイズのものがあったの!!って思ったら、どうやら折ってあったらしいです。そりゃそうよね。
今ぴったりだと、これから着れなくなるしね。
我が家は結構帽子好きなんです。ぐふふ。ありがとーー

数ヶ月前、そう。ものすごい寒さの中(3月の日の出前だよ。ベンチが凍ってたよ。あたし妊婦だよ。モンクレー着てガタガタ震えてたよ。)、日光までパパのレースについていったときのこと。
Idatenご夫妻の王子が一緒に来ていて、帽子かぶってたんだね。それがとってもかわいくってね~~★
それを思い出しました。

それと。Izking mamaセレクションのガラガラ?にぎにぎ?
王道、ファミリアさんのです。
腕のほそいコテツは、おでかけバッグみたいにして、腕に通ってしまいました。

それにしても泣きまくりのコテツさん。
赤ちゃんは泣くのが仕事といいますね。
仕事熱心です。見習わなくちゃね!

Dsc_0689 Dsc_0691←こういうキャラクターいるよね?
ミッフィーみたいな色合いの、毛が五本くらいしか生えてないやつ。なんだっけ?

モコモコ犬、コテツ。

のぶたけさんからの頂き物です。

かなり長男(一鉄さん )を意識したプレゼント★

コテツが早くコレを着て、一鉄と一緒に転げ回る姿を見てみたいなあ。
コレを着ると、コテツさんはかなりモコモコの手触りGOOD!になるのですが、一鉄さんの毛はゴワゴワのチクチクなんですの・・アクロンとかできればいいんですけどね。

足の部分が犬の足跡になってて、うーん?犬?熊?
ちょーかわいいんです。

一緒にいただいた、犬のぬいぐるみ(頭の横に少し写ってるね)は、一鉄さんが欲しそうに見てました。
ダメなのよ。一鉄さんにあげると、よだれでベトベトにしちゃうでしょ。
ブンブン振り回すから、すぐ犬の原型とどめなくなっちゃうでしょ。ごめんねー。

ありがとでーす

Dsc_0636 Dsc_0643Dsc_0638

窓辺でシャムネコとブランデー

パパの会社の方からのお祝い★
相当オサレです♪
MARKS & WEB のもの。
ここのは結構好きで、我が家のお手洗いのハンドソープもこれだったりします。いい香り♪
それは、会社を卒業するときに美人後輩ちゃんがプレゼントしてくれたものです♪

ベビー用のバスローブ。窓辺でシャムネコとブランデーをクルクルしなくっちゃだね。
まだまだコテツには相当大きいのだけど、これって幼稚園や小学生くらいになっても、プールのときとかに羽織るトップスとして使えるんじゃない??
ちょーかわいいっす★

Dsc_0631 Dsc_0633Dsc_0632 Dsc_0634

祝★一ヶ月

本日、コテツが生まれて一ヶ月目になります。

早い?遅い?

あたし的には・・うーん。どっちだろう?

毎日、ほぼ24時間、お風呂とトイレ以外はすべて一緒にいても、成長のスピードがわかるくらい、毎日刻々と変化しています。
しわしわだったお肌が脱皮してすべすべになって、顔にはポツポツとニキビができたり。
泣き声も日に日に変化。コツブだったから生まれた頃はか弱かったけど、今は結構元気良く泣きます。泣きかたにもバリエーションが出てきたり。
頭まわりも大きくなりました。退院のときにぶかぶかだった帽子がかぶれるように。
おっぱいだって上手に飲めるようになりました。
足も動きがでてきて、かなり足癖わるいです。
お風呂も好きになってきて、今ではお風呂は殆ど泣きません。
だんだん、声も発するようになってきました。

ほかにも、たくさん、たくさん、成長しました。

コテツが成長した分と同じだけの成長は無理でも、何十分の一でも、あたしも成長できたかな?

悩みは尽きなくて、初めてのことに四苦八苦。でも、楽しんでいます。

いろいろ相談をきいてもらえる人がいて、すごく幸せ。一人じゃ無理だもん!

これからの成長が益々楽しみです★

おっぱいマッサージその2

一ヶ月検診 でミルクをたすように言われたので、前回お世話になった助産師さんにおっぱいマッサージをしてもらいに行ってきました。

電話で予約の際に、体重も伝えてあったので、まず開口一番。
「結論から言って、問題ないとおもいます」とのこと。
おおう。心強い。

コテツは昼間、殆ど寝ることが無いのに、なんとここへ到着した途端に熟睡。
おっぱいマッサージをしてもらっていないほうのおっぱい、マッサージ仕立てのほやほやの良く出るおっぱいにありつけるというのに!

今回は一ヶ月検診してもらって間もないのでコテツの体重測定はなしでそのままマッサージ。
すぐに「良く出る良く出る。出すぎでもないし出ないわけでもないし、さらさらしていて良いおっぱいだー」と言ってもらえてホッ。

「病院で先生に「成長曲線ギリギリだよ」って言われたんですけど、ギリギリOKってことですよね?」って言ったら、助産師さん。「その考えが素晴らしいわ★」と。
ふふん。ふふふん。

顔が細くて、手足もぷっくりしていないので、ぱっと見、3000gなさそうに見えるっていうのも、先生にミルクを足したらと言われる要因のひとつではあると言われました。

もう少し体重があると安心なのは赤ちゃんでもママでもなく先生なのよね~と助産師さん。
まあ、立場上、言わなくちゃいけない人でもあるのでね。

昼間はエンドレスおっぱいなんですーって言ったら、今だけしかないことだし、ほかの人には代われない、ママと赤ちゃんだけの空間だから楽しんで!って。
おっぱいあげながら、なにかできるようになってね(たとえば、洗濯物を取り込んだり・・)ってことなんで、ガンガンそうしちゃいます!おかげさまでコツブちゃんなんで、片手でもらくらくなんです★

2ヶ月くらいになると、もうお腹一杯になったら離すようになるよ、って。
バアバがね。好意なんだけど、飲ませたら抱っこかわるよ、って言ってくれるのだけど、エンドレスでコテツは飲んでいて、「まだ飲んでるの!」ってバアバは言うんです。
でも、こればっかりはかわってもらえないんですよー。
おっぱいが近くにあるっていう安心感の、今は確認作業のときなんだって。
ふむふむ。いつでもそばにいるよー。安心しておやすみ~~★

これから、実家から家に戻って、一人で家事も育児も、って、いろいろ大変になっちゃって、(おっぱい以外はパパにも協力してもらえるから、どんどん協力してもらってね、って!)少し小一時間くらい済ませたいことがあるときなんかには、ミルクを一回60だけ、うまく使うのも手だね、って。一日一回くらいまでなら、急にミルクに移行したりはしないので、おっぱいにトラブルも出ないでやっていけるよ、って。
完母にこだわるのって、親のエゴかなあ?とも思い始めていただけに、そっかー、って思いました。

一ヶ月に500gくらい増えていれば何の問題も無くて、6時間オシッコをしなかったら、それは量が足りていないかトントンくらいだから、そのときは1回だけミルクを足してみてください、って言われました。それでオシッコが出たら、また母乳に戻してくださいとのこと。

今、にきびがひどいんですよーって言ったら、
「そりゃそうよー。今までお腹の中で羊水に守られていたのに、急にこんな乾燥した世界に出されたんだもん、そりゃ皮脂もでるわよー」って。
今週末、お宮参りの写真を撮るんですけど・・
「みんなそうなのよ。お宮参りの写真とか、生まれましたはがきの写真を撮ったり、一ヶ月が過ぎて赤ちゃん見せて~って来る頃、一番にきびがひどかったりするのよー。それで見た人が顔に何か赤いポツポツがあるけど・・って言っちゃったりするから、ママはうちの子アトピーかしら、とか、食べ物がダメだったかしら、とか悩んじゃうのよねー」って。
そういうものなのね。

いろいろ勉強になります。

それから。
今まで、大抵のことは頑張ったり努力した分だけ評価や数値や、合格といった形に表れてきたけど、育児って、頑張ったらその分形になるわけではない。
人間相手のことだから、すべてが思い通りに行くわけでも、マニュアルどおりでもない、だから大変なんだし、だから楽しいのよって。

本当にステキな助産師さんに会えたなあって思いました。

「もうすぐ、自宅出産があるのよ~~」って笑顔で話してくれる助産師さん。
「自然分娩にあこがれて~」なんていう建前は殆どなくて、上の子どうしよう?って考えた結果、自宅分娩になるケースが多いそうです。

あたしも、始めは助産院さんでの出産を考えていたのだけど、一人目だと何かと不安だし、何かあると(帝王切開とか)病院に行くことになって、初めての病院だと不安だなあ。。と思ったりで、義姉の出産した、実家近くの病院を選びました。

次は助産院さんがいいな~と密かに思っていたりします。

実家から戻ってしまうので、この助産師さんにお世話になるのはたぶんコレで最後だけど、自宅に戻ってからも、やっぱり助産師さんの考えが、アタシは好きなので、家の近くの助産師さんを探してお世話になりたいな、って思ってます。(ベビーマッサージとかね)

一ヶ月検診

9月25日。一ヶ月検診に行ってきました。

珍しくお昼に寝てくれたコテツ。
検診に行く時間から逆算して、起こそうと思った時間の少し前に起きました。あら、いい子♪
授乳を済ませて(ちょっと足りなかったかなあ?)、車でお出かけ。

時間より若干早めに着いたら一番乗りでした★
とってもおとなしいコテツ。ここはクリニックだから大泣きしてもOKなんだけどなあ。

一緒にお祝い膳食べた子と2人かと思ったら、どうやら同じ週に出産した人が呼ばれているみたい。続々と(でも、個人クリニックだから6人くらいだけどね)人が集まってきている様子。

そのうちの一人の、付き添いのおばあちゃんに声をかけられました。

婆「何ヶ月ですか?」
T「一ヶ月検診なんですう」

そこで受付が始まったので会話終了。

「TUYETさん。赤ちゃんの体重はかりますので赤ちゃんお預かりしますね~。おむつを一枚ください」

オムツと一緒に連れて行かれるコテツ。

「ママはお小水と血圧の検査おねがいしますね」
「はーい」

ほかの赤ちゃんとママも同様に呼ばれていく・・・

ほかの赤ちゃん、明らかにコテツより2周りくらい大きいっ!

「一ヶ月検診でお待ちのママさんはこちらへどうぞ」

一同、診察室の前の長いすに呼ばれました。

「TUYETさん、1番診察室へどうぞ~」
なんと一番乗り。やった★

まずは体重測定。
ガ━━━(゚Д゚;)━━━ン!
わかっちゃいたけど、この体重。そういや最近おベンピだったしと、自分に言い訳してみたり。
妊娠中~一週間検診でお世話になった、エコーを撮ったり、子宮低をはかったりする椅子?には座らず、2番診察室へ。

内診。何度やっても慣れないんだなあ。

また1番診察室へ。

先生「母乳?混合?」

TUYET「母乳です。」とTUYET。

先「うーん。母乳足りてないのかもしれないなー」

T「え?そうなんですか?」

先「母乳の割には体重があんまり増えてないんだなあ。成長曲線ギリギリだよ」

T「??」

つまり、こういうことなんだそうです。

ミルクより、母乳のほうが体重が増えるって言うんです。ミルクは腹持ちが良く、量も限られているので、量に制限の無い母乳のほうが体重が増えるらしいのです。

ミルクのほうが増えると思ってましたー!

「寝ないでしょうー」と先生。

確かに。夜は殆ど、見事なまでに3時間置きなんだけど、昼間はエンドレスおっぱい。

コツブちゃんで生まれたから、飲んでいる間に疲れちゃうんじゃないかと先生。

昼間に一日一回でもミルクを足してみたら?と言われてしまいました。

ですが・・・TUYETは素直に話を聞くようないい子ではありません。

前回のおっぱいマッサージで、「もし、一ヶ月検診でミルクを足すように言われたら、足す前に見せに来てね~」と言われていたので、助産師さんに即電話。次の予約を取りつけたのでした。

そうそう。それでね。待合室で話しかけられた人とウチのバアバがお話してて。あまりにコツブちゃんだったから、一週間検診かと思ったんですって。なるほどね。


 

イタリアン@Northport Mall

実家の近くがここ最近ものすごい勢いで発展してます。
中学1年の入学式直前に引っ越してきたときはホント何にも無くて、道路の開通式とか出たくらいだもん。
道路はまだいいものの、歩道なんてただあるだけで、アスファルトが敷かれるのは当分先の話で、チャリ乗るとお尻痛いし、革靴が真っ白になっちゃうしで散々でした。
ガッ コのセンセには「横浜のチベット」呼ばわりされるし(今だったら、これって問題だよねえ?アタシはネタにしちゃったけど・・)。家出るときは大雪で何セン チも積もっているのに、玉川あたりで雨にかわり、ガッコに着いたら雪どころか雨も降っていないと言われたり。え~~長靴はいてきちゃったよ~~みたいなこ ともありました。

そんな実家周辺。最近凄いですよ~~

検診の帰り。最近できたNorthport Mall へ。ママリンとランチを食べました。
行ったお店はラ・ベルデ

Img_0797 サラダ。
うーん。結構普通です。
店員さんでイタリア人の人がいたので、お偉いさんかと思いきや、まだ見習いっぽくてちょっとガッカリ。まだオープンしたてだからねえ。
形から入るのはOKです~~★
Img_0798 Img_0799小エビとトマトの冷製カッペリーニ。
外が物凄く暑かったので、さっぱりしたものがほしかったんです。
上にのっているのは、トマトとピングレ(ピンクグレープフルーツ)え?もう、ピングレって言わないの~???
さっぱりしていてとっても美味しいです★
Img_0801 Img_0800ピザ。カプリチョーザってやつです。
ゆで卵、アーティチョーク、黒オリーブ、生ハム、マッシュルーム。
ピザ生地はパイ生地っぽい感じ。軽いです。

驚くのはそのサイズ。とても一人分の量ではないです。パスタとピザとを2人でシェアして食べたのだけど食べきれず、ママリンがオバチャン根性でお土産に・・と言ったところ、あっさりOK★パパリンへのお土産と相成りました。

後で見たら、壁に「当店のピザはとても大きいので・・」と書いてありました。大人数で着たほうがいいかもね~~

ゴチソウサマでした~

暑い夏はコレ!

8月14日。
出産までのカウントダウン。
あと何回美味しいものが食べられるのか?っていうリミットで、tuyetの胃袋はかなり危機を感じています。

人間、危機迫った状態で答えようとしても思うように答えが出ないもんですね。
いつもなら「アレ食べたい!コレ食べたい!」っていうのが炊くs何出てくるのに。具体的には思い浮かびません・・
でね。出産前だから・・とかじゃなく、今食べたいもの、ってことでリクエストさせていただきました。実は銀座のレオニダスの近く、二階に餃子屋さんも気になっていたのだけど閉まっていました。お盆だしね~

連れて行ってもらったのは天津飯店。ちょくちょく行ってます。06年8月06年11月  ほか。

Img_0872 Img_0873Img_0874やっぱコレ。
北京風ちゃんぽん。これははずせない。
この真っ赤なスープ!手打ちの麺。
何 種類の具が入っているのか数えてみたけれど、途中で面倒になって数えるのを断念したほど具沢山。でもね。やっぱ中国クオリティなんですね。こんだけ真っ赤 なんだけど、イマイチ辛くない。前に食べたときはめちゃめちゃ辛かったのだけど。それは、人によって違うのね~~という感じ。レシピなんて無い。テキ トー。それがまた良いのだけど。
この手打ちの麺がまたうまいんです。物凄く長くて、しかも弾力もある麺だからとりわけにくいのだけど。白いお洋服なんて着ていったら一発です。ピチョン・・あらら・・ってな具合です。お気をつけあれ~

Img_0876 Img_0875 春巻き。
あんまり春巻きって注文しないのだけどこれがなかなかおいしかったのだ!
パリパリで。家で揚げ物って面倒でしょう?

Img_0871 Img_0870 水餃子。
北京に行って以来、ますます好きになった水餃子。
北京で食べた価格から考えればめちゃめちゃ高いのだけど・・中身は選べません。

Img_0877 Img_0878 Img_0879 Img_0880 お決まりの顔遊び。
結構マヌケな顔になって面白いのです。
ラーユがね、良い感じにピエロ口になってるんですね。
コラ、食べ物で遊んではいけません、って怒られちゃうかな。
Img_0881 Img_0882 五目チャーハン。
意外に・・うまい!
海老さんがなんといってもプリプリなんですよ~~★
・・ってか、炭水化物ばっかじゃない?

Img_0883 帰りに今はなき、銀座4丁目のタリーズでアイス♪
今ね、タリーズのHPみたら、なーーーんと!
バナナキャラメルクッキー  なんてアイスがあるんですね!!
たーーいへん。食べなくちゃだわ。

むらんがー樹

ニコタマの大好きなケーキ屋さん。
結婚式のときに引き菓子を用意していただいたお店です。

ニコタマといっても、最近随分様変わりした(らしい)駅前や高島屋周辺ではなくて、住宅街の入り口付近にあります。木が沢山茂っていて、その中にひっそりと建っている一軒家。

パパが一鉄を連れて二子玉川へお散歩に行った帰りに、お土産でむらんがー樹  のケーキを買ってきてくれました。

Dsc_0628 Dsc_0627Dsc_0629 Dsc_0630一番目の写真がお店の名前になっている看板メニューの「むらんがー樹」。
モンブランです。
二番目の写真がクラシックショコラ(本名は知りません)甘さがなかなか控えめで、男性にもいいかも♪
三番目はミルフィーユ。サクサクしっとり、とろーり、濃厚★
四番目は人気商品で復活したものらしいです。たぶんチーズかな?サッパリ目の味で、食感はふわふわ。もっとこっくりしているのかと思っていたので意外で、軽くて美味しかったです。

TUYETがみんなのケーキの写真をパシャパシャ撮っていたら、みんなが「一口ずつどーぞ♪」と言ってくれたのだけど、TUYET、授乳中の身でして・・
実は、おっぱいにはおいしい母乳とまずい母乳とがあるんですって。
脂っこいものや、甘いものを食べたりすると不味くなるらしいです。うおっと。ケーキなんてそのまんまじゃんっ!不味くなるだけでなく、詰まって乳腺症になっちゃったりするから、食べ過ぎちゃいけないみたいですよ。だから四番目のケーキを一つだけ、いただきました。
本当は、オトナのTUYETはブラックのコーヒーなんて一緒にいただきたかったのですがそれもコテツが嫌がると困るのでタンポポコーヒーと一緒に。

ゴチソウサマ★

ノンカフェイン タンポポコーヒー 280g   ノンカフェイン タンポポコーヒー 280g

発売日:2005/05/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

初めてのリバース

赤ちゃんて、ほんの些細なことでも、「初めての○○」ってつくから良いよね★

ミルクのあとは必ずゲップをさせるのだけど、それが不十分だったみたいで、今朝6時半の授乳のとき。
オムツをかえている最中にコテツをふと見たら、口からミルクが・・・
ミルクと一緒に泡もブクブク・・・
泣き出すと鼻からもミルクが・・

鼻から牛乳状態。
あ、アタシは牛じゃないから鼻から母乳ですが。

最近は大泣きしたときにだけ涙が目ににじむ程度出るのだけど、今回は本当に苦しかったみたいで、涙が初めて何粒か流れていました。

お口のまわりやお鼻のまわり、目の涙も拭いてきれいにした後なんだけど、目頭にたまっているのが涙の残りです。

ほんと、かわいそうだった・・・
一生懸命背中をトントンさせたり、さすったり。ようやく落ち着いたので写真撮っちゃいました。ごめんね~~

コテツは結構、自分でゲップをするのが上手なので今まで吐き戻しをしたことが無かったので今回はちょっと焦りました。

でも、何でも無くって良かったね♪

Dsc_0676

なんじゃこやああーーーー

ゲテモノ好きのtuyetです。
ビビリながらも、食べずに後悔して死ぬくらいならっ!とtryするタイプです。

今回はビビルまでもないのですが、ヘンナモノです。

オットくんからのお土産です。

「カレーラムネ」

はい・・?

だからカレーラムネですってば。

どんな味?

カレー味のラムネ味です。

香りはまさにカレーそのもので、香辛料、って感じ。
S&Bとかのチビ缶のカレーパウダーみたいな感じ。香りほど味は無い、みたいな。
それをラムネで溶いたらこんな感じなのでしょうか?

美味しいか不味いかといわれると微妙なのですが、美味しくてヤミツキ!という程美味しいわけではなく、不味くて二口目が飲めないほど不味くはないですね。
これが我が家に6本も届いたわけですが、うーん。1本でいいかなあ・・・
お風呂上りにグビッグビッ・・にしては刺激的だわ。

話のネタ的な感じでどうぞ。

パッケージはめちゃめちゃかわいいです。ターバンがなんとも言えない!
Dsc_0047 Dsc_0049Dsc_0050Dsc_0053
 

ステキナコトバ★

実家のリビングにある2つのハガキ。
今までじっくり見たこと無かったのだけど、目にとめてみたらとってもステキな言葉だったのでご紹介!

Dsc_0597 「笑」
生きるって 楽しい
命 ある限り
笑って 笑って

左下にある「て」の印。おばあちゃんの作品なのだ。

Dsc_0598 「サクランボ」
くっついていたいね
いつまでも

なんともほほえましい。そっかー。じゃあ、次からサクランボを食べるときは2つまとめて、贅沢食いかっ?なーんて。

ママへのお土産★

一週間検診にて。

なんとママへのお土産がありました!びっくり!

ENVIRON という、クリニック、サロンでしか取り扱いの無い化粧品のセットだそうです。
結構お値段するのね。びっくりデス。

これを使うとファンデーションのノリがよくなるらしいよ~と先生。その顔で言われましても・・(先生はおとこなの~)

キレイなママでいてね、ってこと?
が・・頑張ります。

Dsc_0526

おっぱいマッサージ

おっぱいマッサージって、ピンクなイメージを持っていたtuyetです(^▽^;

10ヶ月に入ったらするようにといわれたケア。おなかが張っちゃって、すぐに中断。ほんと、やらないに等しいくらいしかやっていなかったわけですが・・

出産後間もなく助産師さんの手によって数滴の母乳とご対面。おお♪すごい♪
翌日から母子同室になり、早速コテツに吸わせてみる。
赤ちゃんて、反射で吸うようにできているんです。だから、人の指でもおっぱいでも、お口に持っていってあげれば吸います。
と、頭ではわかっていても、実際自分のおっぱいで実践してみたときの感動は凄かった!

と同時に、吸う力の強さにも驚き。

母乳をあげはじめてから3日目が辛かった!本当に辛かった!
妊娠中に自分のものとは思えぬサイズにちょっと感動した記憶もまだ新しい出産直後。サイズが元通りに・・?
しょげていたのははじめの1-2日だけで、3日目を迎えた夜中あたりから激痛が・・!!
何をするのもおっぱいが張っちゃって痛い痛い。
助産師さんにおっぱいマッサージなるものを受けてみたところ、耐え難い痛み。
人のカラダでそこまでするか~~~?くらい痛くて、涙がぽろぽろ。
出産ちょくごのチョッキンの縫合以来、もうママになったんだから我慢しなくっちゃ!と、いろいろな痛みに耐えていたのでなんとか声は出さずに、下唇をぐっと噛んでこらえました。

助産師さんがいなくなった後も、面会の人がかわるがわる訪れる中(オンナばっかりだったので、いいよね(^ ^;))痛みに顔をゆがめながらおっぱいを搾っていたアタシ。

退院後、おっぱいがめでたく開通し、あれほどの痛みは消えました。

コテツが生まれて2週間が過ぎ、コテツとの生活のペースも少しつかめてきたところ。
最大の悩みはやっぱり、おっぱい。
入院中は母乳に不足分をミルクで補っていたのですが、実家にはスケールも無いのでこれを機に完母に挑戦!ということで、夜中の1回のみ、ミルクを20ミリほど足すことに。
それも数日だけでやめて、今は完母にしています。

クリニックでもらった冊子やいろいろな資料を読むと、母乳は20分以内にしてください、という文字が。
確かクリニックでも、ミルクを飲みながら寝てしまい、飲み終わるのに1時間かかったという話をしたら、20分以内で飲まない分は切り上げないと、だらだら飲みをするのは良くないと言われました。

実はコテツ、おっぱいを飲み続けて1時間、とか2時間とか、よくあるんです。
20分あげて、その間に寝てしまうので離すと泣いてまた欲しがる。
うーーーーん。おっぱい痛いし、夜中とかは結構授乳が大変だったりしてました。

これはきっと、おっぱいの出が良くないから20分ではおなか一杯にならないんだ!
と思いました。

張りも結構痛くて、シャワーが辛かったり・・。

そこで、今日、義姉オススメの助産院さんのところへおっぱいマッサージに行きました。

コテツを連れて(一ヶ月検診前に外に出していいの?って思ったのだけど、助産師さんが大丈夫ですよ、と言っていたし、そういえばコテツの黄疸の再検査で退院後2回も病院に通っているしね。)ばあばの運転する車で。
お家に来てくれるのもあるのだけど、来週まで予約が取れないので、直接来ちゃいなよ、ってことなので行ってきました。

助産院さんと言っても病院とか、古めかしい一軒屋ではなくて、マンションの一室。
アロマの香りが優しく漂い、とてもキレイにお掃除の行き届いたお部屋。
リビングでは赤ちゃん連れの人がお茶を飲んでいる模様。

奥のお部屋に通されて、問診をされました。

助産師さん「一日に何回くらい授乳してるの~?」(助産師さん。おばちゃんなんだけど、フレンドリーでそれがまたリラックスムード満点。普段着にエプロンといういでたちもまた良し!)

→急に何回と聞かれても、授乳して寝かせた瞬間にまた泣いて授乳・・とかは何回と数えるかとかわかんないし、育児日記見てみないとなあ・・と思って、育児日記を持ってくればよかったですかね~?と言ったら、「スケジュールを気にしてしまうと、その通りにしかおっぱいが出なくなっちゃうよ~」って言われました。ほほう。そんなもんなんですね。

たぶんこれくらい?と思う回数で、10回ちょっとと答えたところ、「ぜーーーーんぜん問題ない!」と言われました。

「1回に2時間とかあげたりするんですけど・・」と言うと、「大丈夫、欲しがるだけあげてね~~」とのこと。ほほう。よかった。

「飲みながら寝て、離すと泣いて・・の繰り返しなんですが・・」と相談すると、「赤ちゃんは、おなかがすくと自分の必要な分はちゃんと飲むから大丈夫。そうじゃなくて、ただ吸っているだけのような、まじめに吸っていない、遊んでいるみたいなときも実はすごく大切で、どんなときもママがちゃんとそばにいるんだ、守ってくれているんだ、っていうことを学んでいるの。だから離すと、砂漠の中に一人置いていかれたみたいに泣くのは、急に不安になっちゃうからなんだよ」って。あ、そうなんだ~。飲まないのなら離してくれないかな~と思ってしまってごめんね。

ひとつひとつ、自分のやっていることを肯定されて、安心。

コテツのお洋服を脱がせて体重をはかりました。
本日2602g★
おっ、2600台に乗りましたか!

一日17gぐらい増えているので、順調順調、とのこと。
あ~~良かった。

ベッドに横になって、おっぱいマッサージ。
体重測定の前にブリブリやっておなかがすいていたコテツさん。大泣きするので一緒にベッドへ。
助産師さんがマッサージした後のおっぱいを上向きの添い乳で上手に飲むコテツ。
数分、片方やったら、また片方。そのたびにひょいひょいと移動されるコテツさん。
ポジションがずれると顔を振ったり、声を発したりするコテツ。これも大切なことで、何か気に入らないことがあると声や態度で周囲にお知らせして、それに対してまわりが反応してくれるのも、大切なコミュニケーション。哺乳瓶相手では何にも反応してくれないでしょ、って、確かに。

ただの生命維持とかだけじゃなくて、おっぱいひとつにしても、そこから沢山のことを学んでいるコテツ。かなり感心しちゃいました。

おっぱいマッサージは暖かくしたタオルと助産師さんの手で行われたのですが、全然痛くないの。開通しているのもあるのだけど、ホント、上手!
少しずつほぐしてもらって、楽になりました。

母乳の出は全然問題なくて、これからも欲しがるときに欲しがっただけあげれば1ヶ月半くらいで張らなくなるし、だんだんいい状態になりますよって。
よかった~~★

それから。完母完母って頑張らないで、パパだったり、おばあちゃんだったり、おっぱいの出ない人にはミルクでお願いしても大丈夫だって。ママはどんどん積極的にお出かけしてください、って。
というのも、家の中の生活だとどうしても足を使わないので、お買い物やお散歩をして足を使ったほうが循環も良くなって、出がよくなるそうです。
ただ、気をつけなくちゃいけないのはミルクの量で、どんなに多くても、この先半年、一年経っても、ミルクの場合は1回に60ミリまで。ということ。それ以上になってしまうと、あとでおっぱいを飲まなくなってしまったりするそうです。

本やまわりの人にはマッサージしたほうがいいとか、温めたほうがいいとか、いろいろ言われるかもしれないけど、むしろ何もしないで、くださいとのことでした。
ただ、欲しがるときに、欲しがっただけ、おっぱいをあげればいいと言われました。

乳腺がつまるといけないので、甘いもの、冷たいもの、脂もの、乳製品はなるべく控えたほうがいいとのことです。
特に冷たいものは言われました。食べ物が通る食道のすぐ脇を乳腺が走っていて、冷たいものを食べると冷えてしまうから、お食事には暖かい飲み物や汁物をプラスするといいそうですよ★

一ヶ月検診のときに、体重が1キロ増えていないと産婦人科の先生からは母乳だけじゃ足りないからミルクを足しなさいとか、言われるかもしれないけど、もしそうだったら、ミルクを足す前にまた来てって言われました。

産婦人科医と、母乳推奨派の小児科医とは意見が違っていて、
小児科医の意見は、赤ちゃんにはそれぞれタイミングがあって、39wで2484gで生まれたのにも、それがその子にとって一番いい状態だったからで、成長のスピードもその子それぞれで、3000gの子の1キロと、2500gの子の1キロはやっぱり違うし。無理に大きくさせなくても、その子のスピードで(減っているのは困るけど)徐々に成長していくから問題ないと思うよ、とのことでした。

それからコテツさん。ミルクのあとはゲップさせると上手にゲップできるのだけど、おっぱいのあとはゲップができません。
今まで一度も吐き戻しをしたことがないのですがちょっと心配だったので聞いてみると、させなくてもいいとのこと。と、ちょうどマッサージの途中に自分でゲップをしていることを発見!すごいじゃない!コテツ!

なんだか、すべてのことを肯定的にとらえていて、凄く驚いたのと、その意見を聞けて、とても心が楽になりました。

一緒に、おっぱいも軽くなったし★

マッサージから帰ってからは、コテツのグズグズにも笑顔で向き合えるようになった自分がいて、ちょっとほっとしています。


そんなとき、タイムリーな記事を発見したので載せますね。

子育てがますます楽しくなりそうです!
さっきまでグズグズしていたコテツさん。今は天使の寝顔をみせてくれています。

【質問】 お姑さんから、「母乳が足りないんじゃないの?」「ミルクを足したほうがいいんじゃない」と言われました。私はできる限り、母乳で育てたいのですが……。

【回答】 泣いてお乳をしょっちゅう欲しがる孫を見ると、思わずそんなアドバイスをしてしまうお姑さんの気持ちもわかります。

現在のお姑さん世代は、人工乳が急激に改善、普及した時代に子育てをした方が多く、その時代に母乳で育児をした方は10%程度ほどでした。しかも、「わが子をたっぷりのミルクで立派に育てた」という誇りがあります。

その頃は、日本も今ほど核家族化が進んでおらず、家族、地域の方たちが子育ての手伝いをしてくれる社会でしたから、お姑さんの子育ては、もちろん母乳にこだわらなくともすばらしかったのですが、今とは違った育児環境だったと言えるでしょう。

ま た、ミルクは、母乳と違って消化が悪いために(しばしば腹持ちがよいということばにすり替えられていますが)、3時間たたないと胃の中からなくなりませ ん。母乳は1時間もすると消化して胃の中は空っぽになります。それで、母乳は腹持ちが悪い、あるいは、「そんなにしょっちゅう欲しがるのは母乳の出が悪い のよ、ミルクを足したら?」ということになるのです。

赤ちゃんがお乳を吸うと、その感覚がお母さんの脳を刺激して「お乳を出しなさ い」という命令を乳腺に伝えるホルモンを分泌させます。赤ちゃんが欲しがるたびにお乳を吸わせていると、そのホルモンがしょっちゅう、たくさん分泌される ことになり、赤ちゃんの食欲に応じてお乳が出るようになるのです。

ち なみにこのホルモンは、吸われ始めて30分間で一番たくさん出ます。その後1時間半くらいでもとの低いレベルまで戻ってしまいます。赤ちゃんがおなかが いっぱいになってから、なんと次におなかが空く1時間半と一致しているのです。ですから、ミルクを足せば足すほどお乳を出なくさせることになります。哺乳 びんと違って、母乳には目盛りがありませんから、それも不安のもとになるのでしょうが、1日に何回でもいいからお乳をあげてください。

1 回に飲む量がわからなくても、1日全体で飲む量がミルクと一緒ならよいと気楽に考えてください。もし、母乳不足なら、お乳をいつまでたってもぐいぐいと吸 い続け、チョボチョボ飲みはしません。おしっこの回数が減ります。抱っこしても赤ちゃんが重くなったとは感じないでしょう。

産後2ヶ 月ほどは、どんな女性でも、赤ちゃんがお乳を吸うとお乳を出すホルモンの反応性は極めて高いことが知られており、少なくともこの期間は何回もお乳を吸わせ ることが大切です。生まれてから1~2ヶ月の間の母乳の1日の授乳回数は10~15回程度です(ミルクは7~8回程度です)。

【e-babyより】

うっとりスキンシップ

最近二人(アタシとコテツ)の間で流行っていること。
たっぷりおっぱいの後にママのお膝でマッサージ。
おでこの、生え際の辺りを指の腹で優しくクルクルするの。
もちろんBGM♪は、ほーら、泣きやんだ!で。
うっとりしたり、微笑んだり、目をとろ~んとさせて、しまいには寝てしまいます。
あんまり写メ撮ると音で安眠妨害しちゃうからできないのだけど、いい表情してくれます★
はやくベビーマッサージ覚えて沢山やってあげたいな♪

Photo_2

ブルースリーみたいな・・

パパの高校の同級生Nさんからお祝いを戴きました♪

色がとってもかわいいのだ。
ブルースリーみたい!

早速コテツさんと記念撮影。
ん??相当でかくないか・・?

あ!そっか~!これを着られるくらい大きくなったら、Nさんが「いいとこ」にコテツを連れて行ってくれるってことか~~!
コテツ、はやく大きくなるのよ~。
Nさんの前で酔拳を披露するのだ!(って、このサイズじゃ無理?)

Nさん一家の皆さんから(なんと、オチビちゃんたちからも!)のお手紙がちょっと泣けました。

ありがとう~~★

Dsc_0461 Dsc_0464

くつろぎサタデー

久々に長男の話題です★

お父ちゃんと長男(=一鉄さんね)はお母ちゃんとコテツさんに、週末ごとにお母ちゃんの実家に会いに来てくれます。

弟こと、コテツさんにかかりっきりなお母ちゃん。
久々に会えてコテツさんと戯れるお父ちゃん。

おうちではお父ちゃんを独り占めできるのにい・・
一鉄さん、やきもちやきぎみ。

でも、とうとう、お母ちゃんの実家で居場所を見つけました。

★ソファーの上★

おうちではいつも、ソファーに乗ると怒られる一鉄さん。ここは怒られないからって、随分くつろぎすぎじゃーないですか?

Dsc_0472 Dsc_0473

あのう・・
顔が・・
シュレックに出てくるロバのドンキーみたいなんですけど・・

Dsc_0474 Dsc_0475Dsc_0478 Dsc_0480_2Dsc_0481_2

おへそのトラブル

先日、へその緒 が取れたコテツですが、ポロッととれたへその緒の中から、なにやら不思議なものが・・・

心配になって早速ネットで調べてみました。

2日経って、だいぶその物体は当初発見された状態よりも小さくなってはいるのですが・・・

どうやら、 臍肉芽腫 のようなんです。

パパが来た時に一緒に確認してもらって、心配なのでクリニックに電話。

昔はよく硝酸銀で焼いていたそうですが、最近ではそれをやっている病院も少なく、クリニックではできないとのこと。特に問題がなければ一ヶ月検診まで待って、見せてくださいとのこと。
もし、出血するようだったり、ジュクジュクしてひどくなったり、飛び出してきてしまったら、近くの小児科に相談してくださいとのことでした。

基本的に赤ちゃんは退院後(一ヶ月検診を除く)は産婦人科は卒業で、小児科にお世話になります。クリニックでも、お母さんのケアはできるけれど、赤ちゃんのお薬は目薬程度しか置いていないとのことだったので、このお臍もどこに連れて行っていいのかわからなくてとりあえずクリニックに電話しちゃったんですよね。
でも、優しく答えていただいて、特に急を要するものでもないようなので、一安心。
クリニックでもらったお臍の消毒セットも、もう、ガーゼがなくなってしまったので、買い足さなくちゃ。様子をみてみることにしますね。

何しろ新米ママ。何かと心配です。
でも、今の時代、ネットで何でも調べられるから便利よね★

脱皮中のコテツさん。ちょっとお肌がきれいじゃないけど・・
赤くなっているところは、ガーゼを留めていたテープの跡。痒そうでかわいそう・・

Dsc_0502

おむつケーキ!

食いしん坊メイツのMさんご夫妻から、なんと「おむつケーキ」のプレゼント♪

電話でパパからおむつけーきと聞いたので、「おむつ景気??」って思っちゃったtuyetです。
いざなぎ景気とか、神武景気、とか景気にも名前があるじゃないですか~~・・。

今回のプレゼントは食いしん坊メイツからのケーキなのだけど、食べられないケーキ。
おむつでできた、巨大なケーキなのです★

今朝、コテツは立て続けに5回ほどブリブリしてくれたおかげで、オムツが足りなくなる寸前だったのです。ありがたや~ありがたや~~。

良くできているでしょう。手先が器用なのね。本当にありがとう♪

嬉しくって、思わず記念写真。
コテツさんは相変わらず爆睡中・・
あなたのこれからの快眠はこのケーキのおかげなのよ~~。
でも、崩してしまうのは勿体無いなあ・・。

4枚目の写真が一番お気に入り♪
Dsc_0455 Dsc_0456 Dsc_0460 Dsc_0458

おへそ

昨日の夜、沐浴をさせようとお洋服を脱がせて、お臍のガーゼを取ったらポロッとへその緒が取れました。

コテツが一つ成長したということ。
これがママとコテツをつないでいたという証。

でも、見た目はほんと、ありがたくないんだなぁ、これが。

色も形もサイズもまるで干しぶどう。

お臍にくっついていた部分がちょっとまだジュクジュクしていたので、ガーゼからキレイにはずしておいて置いたらあっという間にどこに行ったのかわからなくなってしまいアタフタ。

でも、すぐに見つかって一安心。

一晩乾燥させたかったのでティッシュに包んで、両面に大きく「おへそ」と書いて、置いておきました。

もう乾燥したようなので、病院で退院時にいただいた、お祝いセットの中の、へその緒ケースにちゃーんと保管しておきます★

Dsc_0450 Dsc_0451 Dsc_0453

低体重の秘密

2484gで生まれたコテツ。
39w0dで生まれたので、それほど早いわけではないのですが、胎盤が小さかったのであまり大きくなれなかったみたい。
TUYETの体重は約10キロ増。んんっ?殆どお肉になっちゃったってわけですか?
コテツが生まれる3日前の検診での推定体重は2940gだったのですが・・

さて。2500g以下のコテツさん。生まれて暫く保育器に入れてママとは暫く会えない、ということもなく、普通のベビちゃんと同じ扱いを受けて翌日からママと同室へ。
なんですが、なんと、「未熟児」という診断がついているため、保険が適用されるらしいのです。おお♪なんと親孝行な!わずか16gですよ。凄いです。流石の金豚。やっぱ2007年生まれは何かと凄いね★金豚バンザイ。

ただですね。コツブちゃんなだけに、先生にも、出産してすぐ(チョッキンを縫ってもらってるときですね)に、「黄疸がでるかもね~」と言われておりまして。

退院前日はギリギリ数値が出なかったのだけど、退院当日の数値がひっかかりました。
退院前日の説明では、数値が高いとママだけ退院で赤ちゃんはお預かりして、翌日迎えに来てもらうこともあると言われたのですが、退院許可。
ただし、3日後に再検査。

3日後。顔や体の色が黄色くなっている気がします。目も白目が黄色い気がする・・
検査の結果、やっぱり数値が高く、しかも前回より上がっているとのこと。
先生に聞いたところ、今回の数値が14.1で、16以上でないのでお預かりするほどではないので、要経過観察。4日後に再々検査とのこと。

そしてその再々検査が今日。
経過良好、数値も下がり、問題なしとのこと。よかった~~。
今朝から右目に目やにがでていて、ガーゼで拭くと黄色い目やにが。
それも、目薬を処方してもらいました。

一番楽しみだった体重測定。

出生時   2484g
退院時   2400g
再検査時  2510g
今日     2590g

順調に増えています★ヤッタ!

そしてTUYETの体重も約6.5キロマイナス。
この調子で、できればベスト体重まで減らしたいのだけど・・
頼むよ、コテツ。
でもやっぱ母乳よね。子宮の収縮も良いし、何しろ体重の減りがステキです。
一日500gくらい減っているのよね。素晴らしい。

さあて。次の検診は一ヶ月検診。コテツの体重増加が何より楽しみ★

Dsc_0445
←添い乳していたらいつの間にか一緒に寝てしまいました。

お天気のいい日のお昼寝は気持ちが良いね♪

起きたら、添い寝しているのかしてもらっているのかわからない感じになっちゃいました。

なぜかニャンニャンポーズのコテツさん。

最近は、頭を抱えておっぱいを飲むのがハヤリです。

ほーら、泣きやんだ!

凄いっす。マジ、凄いっす。
テレビとかで、♪た~らこ~た~らこ~♪のCMを見させると赤ちゃんが泣き止むとかいうのは見たことあるのですが、体験してみてびっくり。
今はコレがないと睡眠不足ですわ~~。
ほんと、助かってます。

義弟のところは、別バージョンを持っていて、「ほーら、泣きやまない」って言われてました。
個人差あるのかな?

コテツはスナオすぎるらしく、早く出て来いとパパがおなかに語りかけたら切迫早産になり、まだまだ、戻って戻ってと語りかけたら上に戻り、予定日が遅れると言われてから、ママが重いからそろそろ出てきてと語りかけたら翌日陣痛で出産。
催眠とかにもかかりやすいのかな?

ほーら泣きやんだ!いっしょにねんね編~せかいのこもりうた~

      

買ったきっかけ:
友達にいただきました。

感想:
いつもお洋服を脱がせただけで大泣きするお風呂タイムに使ってみたところ、最後のかけ湯まで全く泣かず、驚きました。
以来、夜中のぐずぐずした時や寝付かないときにはもちろん、一日中おせわになっています。
ほかのシリーズも試してみたい!

おすすめポイント:
オトナも赤ちゃんも安らげる音楽です。
優しい、ゆったりとしたリズムがリラックスさせてくれます。

ほーら泣きやんだ!いっしょにねんね編~せかいのこもりうた~

アーティスト:神山純一J PROJECT

ほーら泣きやんだ!いっしょにねんね編~せかいのこもりうた~

コテツが生まれたときのこと。

日々の生活の中で沢山のことを覚えて沢山のことをしなくちゃいけない中で忘れてしまいそうで、でも忘れたくない大切なこと。コテツが生まれたときのことを書いておこうと思います。

コテツが生まれた病院はソフロロジー式分娩法 をとっている病院で、オーロラのように分娩室のお部屋の照明が分娩期にあわせて色が変化したり、アロマの香りでリラックスさせたりする機械が導入されています。
陣痛、分娩の時には途中でスタミナが切れてしまったため、間隔のあいた時間に眠ってしまったため、あまり見ることができなかったのですが、先生にチョッキンしてもらった時は、「おめでとうございます。オトコの子ですよ~」という声とともに
♪HAPPY BIRTHDAY~♪という、リラクゼーション系の音楽とともに明るい、朝日のような光にかわり、気分が一気にかわりました。
産声をあげたコテツ。この声を聞いて初めて無事生まれたことを実感。

コテツはすぐに体重やらの測定と洗ってもらうために連れて行かれました。

パパは部屋から一時出されて、チョッキンしたところの縫合などがされました。
今までの緊張が解けて、陣痛や分娩のときの痛みに比べれば全然痛くないのだけど、大騒ぎしちゃいました。
先生に、「騒いでいいから動かないで」、と言われちゃいました。
「騒いでいたほうが気がまぎれるから叫んでていいよ~」と先生。どこまでクールなんだ・・

処置が終わった頃、コテツが病院のバスローブとガーゼをくっつけたようなお洋服を着て、保温のためのシートにくるまれてやってきました。
ポンっと胸の上に置かれて、パパと3人だけのお部屋になりました。
初めての、親子三人だけの時間です。

途中、助産師さんが来て、裸の胸の上にコテツをのせました。
カンガルーケア というらしいです。
初めてよく見るわが子。すごーーーくちっちゃくって、かわいいです。
赤ちゃんて、赤ちゃんというくらいだからもっと真っ赤なのかと思いきや、そんなに真っ赤でもなかったです。
手や足はしわしわで、足首なんかはものすごい角度で曲がっています。
手と足は冷たかったので、胸で温めてあげました。
すごく黒目が大きくてびっくり!

抱いている2時間の間にどんどん顔が変わってきました。
すごーーーい。

もっと凄い勢いで泣いているのかと思ったのだけど、胸の上では全然なきません。
ぐにょぐにょという動き。お腹の中にいるときと全く同じ動き方です。
あ~~、こうしていたんだ!っていうのがよくわかりました。

パパの大きな手の指を一生懸命握ったり、ママの胸をわしづかみしてみたり。
途中で疲れてしまったのかウトウトし始めるコテツ。

アタシも、陣痛のときから過呼吸で手が痺れてしまっていたのと、イキむときに手に物凄く力が入っていて、もう、手の感覚が無い感じ。
コテツを今日抱っこできる時間は2時間しかないのだけど、ずっと仰向けで2時間抱っこし続けるのは結構きつかったかな・・

コツブちゃんとはいえ、2.5キロを2時間だもんね。

パパが抱っこできるのは同室になる翌日以降なのでお手伝いできず。
ママの特権。十分味わわせてもらうよ~~★

初めて胸に抱いた感想。
ちっちゃい手で、必死になって胸にしがみついてくるしぐさ、途中安心しきって頭も体重も全部預けてくれる様子。すべてが愛おしくて、ぎゅうってしたくなっちゃいました。
同時に、この小さな体で、両親にあふれんばかりの感動と喜びを与えてくれたことに、生まれてきてくれてありがとう、と感謝で一杯になりました。
狭い産道をとおって、頑張ったね、って何度も言っちゃいました。

こどもは、生まれてきただけで親孝行、って、ホントですね。

この命を大切に、育んで生きたいと思います。

8271 8272 8273 8274 82711 82712 82714 82715 827 827_2 827_3 827_4 827_5 827_6 827_7

中村中 × ステファニー

ボクのばあばはアクティブばあばです。

今日はスポーツクラブでラテンダンスのレッスンの後、乃木坂まで中村中  × ステファニー のライブに出かけました。

ステファニーは、ばあばのお友達のお嬢さんだそうです。
5オクターブの美声というのをばあばは真似してくれるのですが、ボクは正直迷惑です・・

スポーツクラブへは暇さえあれば毎日行っているらしく、ラテンのほかにヒップホップ、ヨガにジャズ。なんでもやるみたいです。
今月はマイケルジャクソンなのよ。帽子を投げたりするの!ととっても楽しそうです。

Sn370137 Sn370138Sn370139

お七夜

生後6日目。
今朝、パパが中央区役所に出生届を出してきてくれました。
これで晴れて日本国民★
中央区民の仲間入りです。

パパは区役所で、「3人いないと人口は増えませんからね~。中央区もこれからどんどん手当てを厚くしてサポートしていきますので、一人といわず、二人三人産んでくださいね」と営業されちゃったそうです(笑)その担当の方も3人いるらしいです。

お七夜。生後7日目にお祝いするのだけれど、都合の悪い場合はその前後でもOKだそうです。
昔は生後すぐの死亡率が高かったため、1週間たてば一安心と、盛大にお祝いを行ったようです。

命名書はばあばが書いてくれました★
一生懸命墨をすったのだけど、なかなか濃くならず、でも薄いと薄墨になっちゃうし・・おめでたいのに・・と、テレビを見ながら、爪を真っ黒にしてすってくれました。
写真もとったのだけどドすっぴんでとっちゃったよ。
我が家の長男、一鉄さんも参加。

本日の晩御飯は鰻♪
Dsc_0352 Dsc_0353Dsc_0354味はあっさりしていて、すごく美味しい★
おっぱいあげるとおなかがすくんですよ。
コテツ、今日はうなぎおっぱいだからね~~

Dsc_0355_2Dsc_0356_2
白焼きもふっくらしていておいしいです~~

コテツの健やかな成長を願って・・・

パパのお風呂★

今日はパパがお風呂に入れてくれることになりました。

ベビーバスを使う期間は本当に短いし、ママは毎日入れるけど、週末に通ってくるパパは数えるほどしか入れられないから、週末は入れてもらおうと思ったのだけど・・
あまりの腰の痛さにあきらめモード。「手分けしてやろうよ」とか「週末は手伝ってあげるよ」って、すべてアタシベースじゃん!消極的な様子に、高血圧で体調不良と寝不足もあってかちょいとイラっとしてしまいました。まあ、育児なんてそんなもんだよね。
あたしは楽しんでやるぞ~~!!

昨日のお風呂は38度で入れたら少しぬるかったみたい。
今日は40度にしてみたら気持ちよさそうに「ほ~~」の顔。
Dsc_0341
この顔好き~~★

Dsc_0342
一鉄さんはパパの足元でお昼寝。
甘えてます。
ちょっとかわいそうになっちゃった。
Dsc_0343 Dsc_0344 Dsc_0349 途中で泣き出しました。
でもね、お風呂中に沢山ないてくれるとその後ぐっすり寝てくれるので助かるんです。もっともっと泣け~~!
病院では朝10時頃お風呂だったので、そのあとは面会時間になってもぐっすりで皆さんに寝ている顔ばかり見せていたコテツ。
実家に戻ってからは夕方からお風呂にしました。これ、正解かも~~~♪

カエルの子はカエル!

生後5日目。
ママ初めての家風呂です。
初めてのお風呂は病院で一度きり。病院とは勝手も違うし、教えてくれる人もいないので、ドキドキです。

ポイントはただ2つ。
・目から最初に洗う。ガーゼは必ず目頭→目尻の方向に動かし、一度拭いたら必ず面を変えてキレイな面で目頭→目尻と洗う。
・お風呂のあとは必ず水分補給させる

実家のキッチン。ばあばの背が高いのでわりと高めに作られたキッチンですが、シンクにベビーバスを入れてコテツを持つとかなり腰に負担がかかります。
20分以内で入れ、長湯はしないこと。うん。20分もやってたら腰がおかしくなっちゃうよ。

ものすご~~~~く泣かれながらもなんとか終了。
(ビデオに撮ったので、写真は撮ってないのだ。今度また。)
お風呂上りのバスタオル。
パパ(=カエル好き )の子だから、ということでばあばが買ってきました。
かわいい★

Dsc_0230 Dsc_0231Dsc_0232

パパと一緒!

パパとママのどっち似?と聞かれると、ママに似ているという人もちらほらですが、
殆どのパーツがパパに似ていて、まぶたの厚さだけママに似ているみたい。

パパとママの希望では、顔はパパ似、体型はママ似になってほしいな~~なんて・・・

この角度、ほら、パパそっくりでしょ?
おなかのなかにいるときからエコーで見てそっくり!って言っていたんですけど、親バカじゃなくてもそっくり、って思えるとおもうんだなあ。どう?どう?

パパの出世がきになります・・・(汗)
Dsc_0224
Dsc_0225

一鉄 VS コテツ

生後5日目。
パパが遊びに来ました。

ナント、一鉄も一緒です。

一鉄「なんだ、このちっこいのは!!!」

早速やきもち開始。
今まで独り占めしていたパパがちっこいのに取られてしまい、かまってもらえません。

コテツの寝ている和室には「NO!」と教えたので入れず、入り口からこちらの様子を伺っています。

Dsc_0322
ブチャイクだけどコテツのお兄ちゃんだよ~~

ソファーでパパがコテツをあやしていると、一鉄さんそのソファーのパパの膝へスリスリ。思いっきり甘えています。
Dsc_0245 早く一緒に遊べるようになるといいね。

コテツ@実家

実家での生活が始まりました。
泣くとばあばが飛んできて、おっぱい以外の色々をやりたがっています。
ミルクとか、ミルクを作っている間とかはお願いしちゃってます。

じいじは怖がってめったに抱っこしません。

チビさん(実家のネコさん)は陸が泣くと張り合うようになきます。

チビさん(実家のネコさん)は全く興味が無いようです。

そんなこんなですが、なんとかスタートできました。

1枚目の写真、コテツは爪が大きいので切っても自分の爪で顔をひっかいてしまうのでミトンをしてあげたのですが、腕が細すぎてミトンがすぐ取れてしまうんです。
こまめにつけなおしたり、肘まですっぽりかくしてみたりしていたら、手に汗をかいたらしく、手から酸っぱいにおいがしてきてびっくりしました。

547950380_101s
547950380_120s

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ